スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカ 原作 ネタバレあり

風の谷のナウシカの原作本見てきました。
アニメと話の内容が全然違うとは聞いていたのて期待を込めて読んでいたのですがその期待のさらに上をいかれましたw

とりあえず言いたいのは宮崎駿は天才であったことを身をもって体感できました。

腐海は汚れた人類を含む生態系を浄化する作用があったんですけどそれは人間がつくりだしたものであるということ

つまり今僕たちが生きてる世界を綺麗にしようした結果が腐海を産み出すということ

そして未来の人を苦しめる。
環境系の学部に所属してる身としては辛いです

そして物語の中で人間は汚れた世界をに慣れてしまったので浄化された世界では生きていけないことも明示されています。

そしてナウシカは世界をの美しさと醜さを体感した身として綺麗なだけな世界を否定して善と悪を内包したまま生きるといいます。

正直これをどう受け止めたらいいのかよくわかりません。

ただ、わかるのは誰かの為じゃなくて自分が為すべきと思ったことを為すというバナージ理論に落ち着くんですよね(笑)

俺も自分の部屋で何も考えずにだらだらした平穏ばかりしてると生きてる心地しませんしテスト勉強でひーひー言ってる時の方が充実感を覚える時もありますしねー

みなさんもよかったら読んでみてください

スポンサーサイト

九つの物語

かねてから書きたいと思ってたので感想を書きます。

まずこれは橋本紡の作品です。

主人公は大学生の女の子「ゆきな」で、両親は長期海外旅行中
ある日死んだはずのお兄ちゃんが家に帰ってきた。
しかもお兄ちゃんはふつうの人にも見えるみたい。

主人公は兄貴の書籍からいろんな本を借りてみている
それが九つの物語
太宰治の「待つ」だったりいろいろです。

途中兄貴が料理が得意な設定でいろいろ凝った料理を作るのですが
自分も自炊するときに作りたくなるような書き方でした。


兄妹愛、恋愛、死が主なテーマです
最初から兄貴が死んでいる設定なので儚さもテーマの一つかも。。。

読みたい本

この前大きな本屋に行ってまいりました。
それでタイトル見てこれ面白そう!
って思ったやつをいくつかメモしてきました。

作家はメモしてこなかったのですけど紹介します。

まず「三匹のおっさん」
どうやらおっさんらが三人手を組んで町内を守る話みたいです。

「少女は卒業しない」
最近デビューした作家さんみたいなのですが今時系の女子高生の話みたいです。

「一瞬でいい」
大学生ぐらいの二組のカップルの話みたいです。

「陽だまりの彼女」
これは友達に薦められたものです。
帯には女の子が男の子に読んでほしい本NO1らしいです(笑)

「午前0時の忘れ物」
バスの事故で40人ほど亡くなってその後遺族らが各々集まって思い馳せる話みたいです。

「右岸」「左岸」
この二つは姉妹作品で兄妹と幼馴染(男)がいて兄が亡くなった後の話です。
「右岸」は妹視点、「左岸」は幼馴染視点みたいです。

「moment」「will」
この二つも姉妹作品
死ぬ寸前あなたは何を願いますか?
というのがテーマみたいです。

「むかし、僕が死んだ家」

今日は東野圭吾さんの「むかし、僕が死んだ家」を読んで感じた事を書きます

これは僕がTSUTAYAで衝動買いした本です。

「これネタバレやろw」とか言われても知りません。
ある程度気を付けますが裏表紙とおんなじくらいの紹介してもつまらないので
とりあえずネタバレ注意と言っておきます。

これは幼少のころの記憶が欠落した元カノと一緒に昔元カノがすんでいた家にいく話です

その理由が元カノが虐待をしていて、虐待を受けてきた人間は子供に虐待を与えやすくなる
という話を聞いて自分も虐待を受けていたのではないか?という疑問が浮かんだからです。

今世の中で虐待って言われてるものって昔で言えば愛のムチって言われてたものもあると思います。
この制限ばかりされる社会でストレスが溜まり純粋に虐待をしてる人もいますがw

昔も今もストレスの溜まり具合は一緒ぐらいだと思うんですが
昔の人は発散の仕方がうまかったのでしょうか

子供が成長していくのと一緒に親も親として成長していかなければならない。
こうゆう思想がもしあるなら虐待について多少は少なくなる気がします。

このゲンコツはホントにこの子のためになるのか?
この言葉をこの子はどう受け止めるだろうか?

など自問自答していくしかないと思います

18の若造がえらそうに言ってすいませんw
プロフィール

健弥パパ

Author:健弥パパ
大阪生まれ大阪育ち現在は滋賀県在住。
環境科学系について研究している大学院生の23歳

詳細はこちらへどうぞ
http://kenyapapa.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。