スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安楽死

先日延命治療における安楽死の是非を母親と議論した。

わたしは安楽死の制度を整えるべきだと思うという意見。

母親は自然に任せるべきだという意見。

わたしは自然に任せるべきという意見には賛成だが、延命治療という点に関しては、
その時点で自然の域を出てしまっているのではないかと思う。

今までは自然が生死を決めていたが、人は今、死を延ばせる技術を手にしてしまった。
だから延命治療をするということは人が今まで取らなくてよかった責任を取らなければならないということである。

また、安楽死の制度を整えると、介護してくれる周りの人を気遣って自分から安楽死を望んでしまう問題が出てしまうだろう。

安楽死についての問題はあまりにも深いテーマなのでたった19年しか生きていないわたしにはまだわからないだろう。

だから今は、延命治療はするべきでない。という結論で保留にしておこうと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

健弥パパ

Author:健弥パパ
大阪生まれ大阪育ち現在は滋賀県在住。
環境科学系について研究している大学院生の23歳

詳細はこちらへどうぞ
http://kenyapapa.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。