スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可能性

今日飯食いながらTVみてたら
江戸時代に描かれた東京を上から見た絵がでてた

当時絶対に見えないような高度から描かれてた絵なんだって

そして、ガンダムUCにも「人はわからないから描く」って言ってた

「もし~できたら」というのを表現するために絵を描くってことは凄い効果的なんだと思う。

有名な絵画に宗教画の神とかが多いのもそうゆうことなのかもしれない

誰にでもできることは注目されない
自分の中の感性を信じて見えないものを描く。
自分の頭の中の世界を描くことが人に印象を与えるんだと思う。

スポンサーサイト

FF8

なんとなくアーカイブスでFF8を買ってみました。

FF8は昔二周ぐらいしましたけどちっちゃいころすぎてあんまり覚えてません。

ってことで買ったんですけど
まぁいい意味で異色というかRPG玄人向けです。

今回はオメガウェポン倒すまで極めるつもりです。

ちなみにFF8は結構やりこみ要素といいますか、どうでもいいような部分まで作りこんでるところが好きですね
Disk4まであるので時間経過が長くてストーリー序盤にでてきた無名のNPCのストーリーまでも結構詳しく描かれているので

そうゆう意味で玄人向けです

そうゆうのは攻略サイトにものってませんからねw

九つの物語

かねてから書きたいと思ってたので感想を書きます。

まずこれは橋本紡の作品です。

主人公は大学生の女の子「ゆきな」で、両親は長期海外旅行中
ある日死んだはずのお兄ちゃんが家に帰ってきた。
しかもお兄ちゃんはふつうの人にも見えるみたい。

主人公は兄貴の書籍からいろんな本を借りてみている
それが九つの物語
太宰治の「待つ」だったりいろいろです。

途中兄貴が料理が得意な設定でいろいろ凝った料理を作るのですが
自分も自炊するときに作りたくなるような書き方でした。


兄妹愛、恋愛、死が主なテーマです
最初から兄貴が死んでいる設定なので儚さもテーマの一つかも。。。

ボンバーマンジェッタ―ズ

ボンバーマンジェッタ―ズ(全52話)を見終わったので紹介します。

「あらすじ」
伝説のボンバーマン・マイティは
宇宙に一つしかないものを盗む悪の組織「ヒゲヒゲ団」に対抗するために作られた組織「ジェッタ―ズ」の隊員

そんなマイティの弟白ボンはなんでもできる兄貴とは反対にまだまだ半人前のボンバーマン

しかしある日マイティが行方不明になったことを知り
マイティの代わりにジェッタ―ズに入りヒゲヒゲ団と戦い成長する物語

このアニメは10年ほど前に放送されたアニメで子供向けだけど大人にも見てほしい作品

基本コメディとシリアスで成り立っていて最終話でやっと何が伝えたいかわかると思います。


僕はおそらく「人の死をどう乗り越えるか」「人はいろんな人に支えられて成長する」
この二つがメインテーマだと思います。

2chの人は「伏線の回収が上手い」ということで知る人ぞ知るアニメ

BGMは使い回しが多いんですが
BGMの使い方が上手く、更に使い回しのおかげで頭に曲が残って
いい意味の使い回しになってます。

大人になって忘れてしまった大切な事を思い出せる作品です。

子供向けに作られたコメディものなので疲れることなくさくさくみれるはずです
しかしそのコメディの中にしっかりと切なさが詰まっていて
ただ「ボンバーマン」のゲームの広告として片手間に作られたものではないです

親切な方がyoutubeに全話載せてくれてますので機会があればみてください。

読みたい本

この前大きな本屋に行ってまいりました。
それでタイトル見てこれ面白そう!
って思ったやつをいくつかメモしてきました。

作家はメモしてこなかったのですけど紹介します。

まず「三匹のおっさん」
どうやらおっさんらが三人手を組んで町内を守る話みたいです。

「少女は卒業しない」
最近デビューした作家さんみたいなのですが今時系の女子高生の話みたいです。

「一瞬でいい」
大学生ぐらいの二組のカップルの話みたいです。

「陽だまりの彼女」
これは友達に薦められたものです。
帯には女の子が男の子に読んでほしい本NO1らしいです(笑)

「午前0時の忘れ物」
バスの事故で40人ほど亡くなってその後遺族らが各々集まって思い馳せる話みたいです。

「右岸」「左岸」
この二つは姉妹作品で兄妹と幼馴染(男)がいて兄が亡くなった後の話です。
「右岸」は妹視点、「左岸」は幼馴染視点みたいです。

「moment」「will」
この二つも姉妹作品
死ぬ寸前あなたは何を願いますか?
というのがテーマみたいです。

今日は久々にk君と天王寺に行ってきましたw

天王寺はいろんな人がおっておもろい
まぁ都会はどこでもいろんな人がいるんですけどねw

いろんな人を見てると自分の事を省みるからたまにはいいよね
帰ってきてから結構疲れてることに気が付くけどw

本屋いって橋本紡の本買おうかなって思ったけど
たまたま入ったのが古本屋やって探しづらかったからやめといた

橋本紡の「流れ星が消えないうちに」は俺が小説を読み始めたきっかけです。

他にも「空色ヒッチハイカー」「猫泥棒と木曜日のキッチン」「九つの物語」を読みましたが

「九つの物語」は何度も読みたくなるような作品です。

また今度感想でも書こうかなw

ミッキーマウス

先日ニコ動で1930年代に作られたミッキーの短編集のアニメをみつけたのですが

現代アニメとクォリティーが違いすぎます。
特にミッキーの移動住宅がすごいです

10分弱の短編ですがかなりテンポがよく後世に受け継がれてきただけのものはあります。

ドナルドの相変わらずの短気っぷりと何を言ってるのかわからないのもツボかもしれませんw
グーフィーのおとぼけ感が好きですねw

あのころから王道というものが出来てたのだと思います。
あの作品が戦前の前に作られたものというから尊敬します。

youtubeにもいくつかあるみたいなのでご視聴あれw

個人的には白黒時代のものの方が好きです

「むかし、僕が死んだ家」

今日は東野圭吾さんの「むかし、僕が死んだ家」を読んで感じた事を書きます

これは僕がTSUTAYAで衝動買いした本です。

「これネタバレやろw」とか言われても知りません。
ある程度気を付けますが裏表紙とおんなじくらいの紹介してもつまらないので
とりあえずネタバレ注意と言っておきます。

これは幼少のころの記憶が欠落した元カノと一緒に昔元カノがすんでいた家にいく話です

その理由が元カノが虐待をしていて、虐待を受けてきた人間は子供に虐待を与えやすくなる
という話を聞いて自分も虐待を受けていたのではないか?という疑問が浮かんだからです。

今世の中で虐待って言われてるものって昔で言えば愛のムチって言われてたものもあると思います。
この制限ばかりされる社会でストレスが溜まり純粋に虐待をしてる人もいますがw

昔も今もストレスの溜まり具合は一緒ぐらいだと思うんですが
昔の人は発散の仕方がうまかったのでしょうか

子供が成長していくのと一緒に親も親として成長していかなければならない。
こうゆう思想がもしあるなら虐待について多少は少なくなる気がします。

このゲンコツはホントにこの子のためになるのか?
この言葉をこの子はどう受け止めるだろうか?

など自問自答していくしかないと思います

18の若造がえらそうに言ってすいませんw

はっちゃけ@エンパラ勢

今日は久々にエンパラ(ゲーセン)にいってきた
あのくさいたばこの匂いとかなつかしいなw

あそこのおかげ(せい?)で煙草にかなり慣れたわw

さてさて、今日はクシャトリヤ初めて使ってきていきなり6連w
前作からの愛機やったから一応使ってみたw
そしたら常連さんが「はっちゃけのクシャトリヤ帰ってきた!!」
って言ってくれて覚えといてくれてよかったw

やっぱり弱機体で強いのっていいよねw

横サブが内側によったのか発生遅くなったのかわからんけど着地狩りやりずらかった

でも前サブ使いこなしたら強いやろうな
後サブは産廃
下格射撃派生の馬鹿力は健在
今作でも俺の愛機にしよーっとw

1クレ50円やし経済的にも安心やわw
地雷も少ないしなw

ガンダムEXVSフルブースト感想

今日はEXVSFB稼働日ということでさっそくやってきましたw

今日はエクシア→2500ランダム→エクシアと使ってきて

最初は速攻負けたw

でも2500ランダムで8連勝してきたw
ゴトラタンとか初めて使ったのに無双してもうたw
しかも途中レオス引いてもうてなんか気まずい感じに

レオスかっこいいのに・・・。
もうちょい緩めだったら使うのになぁ
自重して誰も使ってなかったから余計に気まずかったw

やっぱランダムはまるわw
毎回違う機体とか胸熱w

んでエクシアはちゃんと覚醒技きめてきましたw

明日は・・・

明日は予備校のテストや・・・。


せっかくガンダムEXVSFBの稼働日やのに。。。
フルブにはあんま期待してないけどやっぱり気になる!


早くグレイセスF全クリしてゆっくり勉強はじめたいw

初投稿

本日からブログを始めさせていただきます。
どうぞよろしく
プロフィール

健弥パパ

Author:健弥パパ
大阪生まれ大阪育ち現在は彦根在住。
多種多様な事に挑戦したい年頃の21歳です

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。